Fukurou旅行記

Fukurouといいます。青年海外協力隊で2年間、アフリカで生活→ブラジル等の南米の国々で1年間、仕事と放浪→現在、中米のコスタリカ在住。現地旅行会社勤務。旅、自然、食べ歩き、ビールとコーヒーが大好きです。

コスパ最高?サンホセの韓国料理をご紹介

Hola!(こんにちは!)

 

コスタリカ在住のfukurouです。

今回は、コスタリカの首都であるサンホセにある韓国料理屋をご紹介します。

ちょうど昨日行ったばかりなので、最新の情報です(笑)

 

サンホセは首都なので、コスタリカ料理のお店だけでなく、世界各国の様々な料理を

提供しているお店があります。

 

私自身はコスタリカは物価が高いということもあり、東南アジアの国々のような、

屋台でご飯を安く食べられるというようなこともないので、基本的には、地元の食材を

地元の八百屋や肉屋で購入して、出来る限り新鮮な食材を購入して、自炊してます。

 

ですが、たまには職場の同僚や現地の友達などと外食をすることもあり、そういう時に

一番はずれが少なくて、量が多く、美味しい料理を比較的安く食べられるレストランと

なると、私は間違いなく中華か韓国料理だと思います。

 

コスタリカのちょっといいお店で夕食を食べると一人当たりUS30ドルはかかってしまいますが、中華なら、4人でお腹いっぱいになるまで食べても、一人US20ドルを超える

ことはまずないと思います。

 

逆に日本食はどうかというと、量が少ない場所が多く、お値段も中華や韓国料理と

比べると結構割高になります。現地の人にとっては、中華は庶民の食べ物で、

コスタリカ人の生活にも身近な存在ですが、日本食は特別な食べ物、お金持ちの人の

ための食べ物というイメージを持っている方が多く見られます。

 

私個人的には、日本食は日本に一時帰国した際に好きなだけ食べれますから、

コスタリカでアジア料理を食べる際は中華か韓国料理にしようと思っています。

 

さて、前置きが長くなりましたが、昨日訪れた韓国料理屋を皆さんにご紹介します。

 

■場所:

→サンホセの目抜き通り(Avenida Central)沿いに位置しており、サンホセの中心地 

 から歩いていけます。目抜き通りはその他にも様々なスーパーやお土産屋、

 ツアー会社、観光スポット等があり、時間をつぶすのにも最適です。

 また、目抜き通り沿いは警察官が巡回しており、治安もそこそこ良い場所です。

 オーナーは韓国の方です。(コスタリカのアジア料理店の中には、オーナーが中国系

 のこともあり、その場合、往々にして、味が中華風になります。。。)

 

www.google.com

↑お店の入り口、こじんまりとしたレストランですが、清潔感があります。

 

■メニュー:

↑上がお店のメニュー。定番のビピンパやチャプチェ、サムギョプサル等のメニューが

 ありました。

↑その他、分かりやすいように写真付きのメニューも壁にありました。

↑私の個人的好物のキンパ(韓国風海苔巻き)韓国料理はごま油の香りが食欲をそそり

  野菜もたっぷりなので、大好きです。

↑サムギョプサル、レタスやつけだれもちゃんとついてきます。

↑奥にあるのがブルコギ、ご飯がついてきます。真ん中のお皿はダッカルビだったかな?豆腐がついてきていますね。豆腐はコスタリカでは非常に貴重な食材です。

↑大人4名で食べに行きましたが、それでも食べきれませんでした。

 残りはお店の人に頼んで、お持ち帰り(スペイン語ではパラ・ジェバールといいます)

 させてもらいました。

 

■予算:

→食べる量や何人で行くかにもよって、変わりますが、一人当たりUS20ドルを超える

 ことはまずないかと思います。(ビール等を頼んだら話は別。)

 ちなみに、昨日、私は職場の同僚と計4名で夕食を食べに行ったのですが、

 合計金額は約60ドルで、一人当たりUS15ドルでした。

 

私たち、現地に在住している日本人にとっては、たまに食べるアジア料理に大いに

癒されています(笑)もちろん、コスタリカ料理は美味しいし、他のラテンの国々と

比較しても、日本人の方々にとって食べやすい味だと思いますが、それでも、

たまにはアジアの味を体が求めてしまいます。

 

コスタリカを訪れる観光客の方にとっては、「出来る限り現地の料理を食べたい」と

思う方も多いかもしれませんが、1日ぐらいは、サンホセでアジア料理を食べて、

英気を養ってみては如何でしょうか?

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Hasta Luego!(それでは また!)