Fukurou旅行記

Fukurouといいます。青年海外協力隊で2年間、アフリカで生活→ブラジル等の南米の国々で1年間、仕事と放浪→現在、中米のコスタリカ在住。現地旅行会社勤務。旅、自然、食べ歩き、ビールとコーヒーが大好きです。

コスタリカの首都サンホセの個人的オススメレストランをご紹介。

Hola!(こんにちは!)

 

コスタリカ在住のfukurouです。

今回はコスタリカの首都であるサンホセ在住の私、fukurouが独断と偏見?に基づき、

サンホセのオススメレストランを皆さんにご紹介したいと思います。

 

私は食べ歩きが好きで、休日はサンホセ市内を歩き、色々なレストランや食堂等を

試してみたりしています。

 

仕事柄(現地旅行会社に勤務しています)、日本から来られたお客様から、

「サンホセのオススメレストランを教えてください!」というご質問をよく受けますので、今回はそんな時にいつもオススメしているレストランを皆さんにご紹介します。

 

ご紹介する前に、皆さんに念を押しておきたいのですが、日本は世界に名だたる美食の国で、ミシュランガイドに掲載されるようなレストランがたくさんある国です。

皆さんはそのような国で生まれ育った方なので、味覚は世界でもトップクラスの位置にあるとお考え下さい(笑)

 

また、コスタリカには以前の日本食ブームのなごりもあり、

たくさんの日本食レストランがあります。コスタリカの日本食レストランについては、また別の記事で詳しく皆さんにご紹介します。

 

今回、ご紹介するレストランはあくまでも、私が現地の色々なレストランを試し、

現地のレストランの中で個人的に美味しいと感じたレストランとなります。

実際に皆さんがレストランでお食事をされた際に、皆さんのご想像よりも、

美味しくなかったとしても責任を負うことは出来ませんのでご了承ください(笑)

 

それでは、コスタリカ料理のお店から順にご紹介していきます。

 

■コスタリカ料理を食べるなら:

①ヌエストラ・ティエラ(Nuestra・Tierra):

→スペイン語で「私の土地」を意味するレストランで、お店の前のデコレーションが

 非常に派手で人目を惹きます。国立博物館の近くに位置しており、サンホセ中心地

 から歩いていくことも出来ます。高めのコスタリカの料理のお店になります。

 地元民が行くお店というよりは観光客用のお店です。年中無休で、24時間営業。

 夕食ですと、予算はお一人様当たりUS30ドル~40ドル程度で考えてください。

www.google.com

 

②中央市場の食堂:

→こちらは地元民の方が昼食に食べに来ることもある場所です。

 たくさんの食堂が市場内にはあり、朝食、昼食を食べることが出来ます。

 通常、営業時間は18時頃までなので、夕食を食べるのは難しいです。

 予算はお店によりまちまちですが、昼食でお一人様当たり20ドル程度となります。

www.google.com

 

③レストラン・ミラドール・ティキシア(Restaurante・Mirador・Tiquicia):

→サンホセの中心地から車で約45分程度で、エスカス山という山の上のほうにあり、

 眺めが非常に良いことが特徴です。

 ここではコスタリカ料理を楽しむことが出来る他に、民族音楽のショーも

 定期的に開かれています。

www.google.com

 

④メルカド・ボルボン(Mercado Borbon):

→中央市場よりもさらにローカル色を味わいたい方にはオススメです。

 中央市場と同じく、市場内にはたくさんの食堂があり、ローカル料理を楽しめます。

 値段も中央市場の食堂に比べると安めです。

www.google.com

 

■ヨーロッパの料理を食べるなら:

①イル・ガト・パルド(Il Gattopardo):

→バリオ・アモン(Barrio・Amon)という各国の大使館等が軒を連ねる地区に位置し

 イタリアのミラノ出身のシェフが腕をふるうレストランとなります。

 本場のイタリアンを楽しむことが出来るレストランです。

 昼食はビュッフェも提供しています。予算は夕食でお一人様当たりUS30~40ドル。

www.google.com

 

②クルトゥラ・シンコ(Cultura 5):

→コスタリカの5つ星のホテルであるGran Hotel Costa Ricaの5階に位置するレストラン

 です。高級レストランですが、レストランからサンホセの町を眺めることが出来て、

 リッチな気分を味わえます。予算は夕食でお一人様当たりUS40~50ドル程度。

www.google.com

 

③カフェ・ムンド(Cafe Mundo):

→閑静な住宅街に位置するレストランで、特に目立った看板や目印もなく、

 見つけづらいかもしれません。イタリア料理のピザやパスタ、肉料理等が食べれます

 予算は昼食でお一人様当たりUS20ドル~30ドルぐらいと考えてください。

www.google.com

 

④レストラン・バジェ・アスル(Restaurante・Valle・Azul):

→レストラン・ミラドール・ティキシアと同じく、サンホセの中心地から車で

 約45分程度のエスカスの山を登って行った場所にあるレストランです。

 非常に眺めが良く、このレストランではコスタリカ料理というよりは、

 ヨーロッパの料理(特にイタリア)を中心に楽しめます。

 予算は夕食でお一人様当たりUS40~50ドル程度と考えてください。

 

www.google.com

 

⑤カフェ・デル・テアトロ・ナショナル(Cafe・Del・Teatro・Nacional):

→サンホセの観光スポットの1つである「国立劇場」の内部にある歴史あるカフェ。

 ここでは、コスタリカの各県で生産されたコーヒーを楽しむことが出来る他に、

 ケーキやサンドイッチ等の軽食。ラザニアなどの食事も楽しめます。

 歴史のある空間の中で優雅なひと時を過ごせるかも?

 また、国立劇場については、別の記事で詳しく紹介していますので、

 そちらの記事もぜひ読んでみてください。

www.google.com

www.fukurou618.com

■アジアの料理を食べるなら:

①Wongs(ウォンズ):

→サンホセの中華料理屋の中でも老舗の部類に入ります。個人的には、サンホセの

 中華料理屋の中でも味付けがコスタリカ風(甘く)になっておらず、本場の中華の

 味わいに近いものが食べられます。また、サンホセの目ぬき通り(中央通り)に

 位置しており、アクセスがしやすいのも利点です。

 

 金曜日や休日は非常に混み合いますので、事前に予約をしていくのがオススメ。

 また、料理が注文してから出てくるまで、時間がかかることが多いので、

 手早く料理を召し上がりたい方は飲茶を頼むのがオススメ。

 色々な料理をカートに載せて、ウェイターさんが持ってきてくれます。

 

 平日のお昼(11時~14時頃まで)はビュッフェもやっています。

www.google.com

 

②ティン・ホー(Tin Jo):

→こちらは、アジア料理のお店となり、タイ、インド、ベトナム、中華、韓国等の

 様々なアジア料理を食べることが出来ます。

 予算は夕食でお一人様当たりUS25~35ドルと考えてください。

www.google.com

 

③バリオ・チノ(Barrio・Chino):

→スペイン語で「中華街」と意味していて、その名の通り、中華系のお店がたくさん。

 お土産屋や商店の他に中華レストランもたくさんあります。

 週末などは、通り沿いにイベントが開かれたりもしていて、楽しめます。

 中国風の大きな門が目印となっています。

www.google.com

 

以上、個人的サンホセのオススメレストランのご紹介となります。

サンホセは首都ということもあり、様々な国の人々が生活している町です。

コスタリカ料理以外にもコスタリカ風にアレンジされた多様な料理を楽しむことが

出来ます。

 

皆さんもサンホセに滞在される際には、ぜひ試してみてください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Hasta Luego!(また 次回!)